ゲーム実況パソコンの極意 プロが語るおすすめのハイスペック戦略

目次

ゲーム実況パソコンの選び方

ゲーム実況パソコンの選び方

必要なスペックとは

ゲーム実況パソコンの肝となるのは、快適なプレイと同時に高画質な映像をストリーミング配信できるスペックが整っていることです。

特に重要視されるのは、プロセッサ(CPU)、グラフィックスカード(GPU)、メモリ(RAM)、そしてストレージです。

ここで選択を誤ると、ゲーム実況のパフォーマンスに直結するため慎重に選びたい部分です。

まず、プロセッサですが、複数のコアを持つ高性能なものを推奨します。

現代のゲームは、複数のプロセスを同時にこなすマルチスレッドに最適化されており、ストリーミング中のエンコード作業も同時に要求されるため、CPUの処理能力は十分に確保する必要があります。

次にグラフィックスカードは、高解像度でのゲームプレイをスムーズに映像出力し、さらに配信用のエンコードにも対応する能力が問われます。

リアルタイムでの映像処理にはGPUの強力なサポートが求められるため、現行のゲームに適応するかつ未来のゲームにも対応できるよう、最新のグラフィックスカードを選定するのが望ましいです。

メモリはゲームと配信ソフトの双方がスムーズに動作するために必要な容量を保有していることが大切です。

特にゲーム実況では、通常の使用よりも多くのメモリを消費しますので、16GB以上を目安にすると安心です。

最後にストレージに関しては、書き込み速度が速くデータの読み出しが快速なSSDをメインとして選ぶことが推奨されます。

これにより、ゲームのロード時間が短縮され、視聴者にストレスのない視聴体験を提供することができます。

また、大容量データの保存には追加でHDDを導入することで、コストパフォーマンスと効率の良い環境を構築することが可能です。

すべてのパーツが絶妙に連携し合い、ゲーム実況のクオリティを左右するため、これらのポイントを考慮して最適なパソコンを選ぶことが肝要です。

緻密な構成を選び抜くことで、視聴者に最高のエンターテイメントを届けることができるのです。

ゲーミングPCと通常PCの違い

ゲーミングPCと通常PCは同じパソコンというカテゴリーに属しながら、その特性は大きく異なります。

実況向けのゲーミングPCは、高いグラフィック性能を有するビデオカードを搭載し、複雑なビジュアル演出のあるゲームを快適にプレイするために設計されており、その結果、リッチなグラフィックスと滑らかなフレームレートを提供します。

また、高速なプロセッサと大容量のRAMは、ゲーム実況時のエンコーディング作業や同時に動作するストリーミングソフトウェアに対する迅速な応答を可能にし、遅延やカクつきなく配信を行うために不可欠です。

一方、通常PCは文書作成、インターネット閲覧、動画視聴などの日常的な業務に適した構成をしており、こうしたタスクに必要なスペックはゲーミングPCほど高くはありません。

当然、低いスペックでコストを抑えることができるため価格的にも手頃な傾向がありますが、高負荷なゲーム実況には向いていません。

ゲーム実況を行う際には、長時間に渡るプレイや多くの視聴者とのコミュニケーションを快適に実現できるよう、専用の機材への投資を検討することが求められます。

そのため、ゲーミングPCはゲームのプレイ性能はもとより、長期間の使用に耐える堅牢な作りや冷却システムをはじめ、ストリーミング機能や録画機能に特化した付加価値を提供することが多いです。

これらの点を踏まえ、実況者が自身のニーズに合ったゲーミングPCを選ぶことは非常に重要です。

価格帯別おすすめモデル

ゲーム実況パソコン選びにおいて、価格帯ごとのおすすめモデルが存在し、それぞれの予算に応じた最適な機材を選択することが鍵となります。

ここでは、エントリーレベルからハイエンドモデルまで、実況に最適なパソコンを、価格帯別にご紹介します。

手頃な価格帯で探している場合、性能以上にコストパフォーマンスを優先しましょう。

安価ながらも、Full HDでのゲームプレイと同時に実況ができるモデルが存在します。

こうしたパソコンは、多くの場合、グラフィック設定を最高にはできないものの、ストリーミングに必要十分なスペックを備えています。

一方、中価格帯では、ゲームの負荷が高いタイトルでも快適に実況ができるよう、よりパワフルなCPUとGPUを搭載したパソコンを見つけることができます。

また、ゲーム実況用に最適化された冷却システムや静音設計が施されたモデルも多くございます。

最高級のハイスペックモデルを選ぶなら、最新の高性能CPUと、実況用にカスタマイズされた高速グラフィックカード、そして大容量のRAMと高速SSDを必須としてください。

これにより、4K解像度での実況や、VRゲームの実況など、最も要求の厳しいシナリオにも対応可能です。

さらに、信頼性と拡張性に優れたマザーボードや、専用のキャプチャカードがあらかじめ組み込まれていることで、将来のアップグレードも容易となります。

ご紹介した価格帯別おすすめモデルの選択を通じて、ゲーム実況の極意を極め、視聴者に圧倒的なエンターテインメントを提供できることでしょう。

ハイスペックCPUの選定基準

ハイスペックCPUの選定基準

ゲーム実況に最適なCPU性能

ゲーム実況において、CPUは心臓部とも言える重要なコンポーネントです。

最適なCPU性能を選ぶ際に重要なのは、多くのゲームが要求する高い処理速度と、実況配信に必要なマルチタスク性能のバランスを見極めることが肝心です。

現在のゲームは高いグラフィックス能力だけでなく、複雑な計算を必要とするため、コア数が多く、一つ一つのコアの速度が速いCPUが望ましいです。

特に実況中にゲームをプレイしながら同時に配信ソフトを動かし、さらにはチャット応答もこなす必要があるため、高性能なマルチコアプロセッサーが要求されます。

例えば、現代の大多数のトップゲーム実況者たちは、IntelのCore i7やAMDのRyzen 7以上のプロセッサーを使用しています。

これらのCPUはマルチタスク処理に非常に適しており、高負荷時でも安定したパフォーマンスを提供することができます。

さらに、ゲーム実況者にとっては、低遅延であることも重要な特徴の一つです。

エンコード処理やストリーミング配信がスムーズに行われなければ、視聴者体験は損なわれてしまいます。

快適なゲームプレイと同時配信を行う上で、優れたCPUの持つ迅速なデータ処理能力と高い信頼性は、まさに実況パフォーマンスを左右する重要な要素となります。

専門性と最適な選択をもって、この文章がゲーム実況に向けたパソコン選びの一助となれば幸いです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41413 2422 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41361 2362 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41361 2362 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38815 2082 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38739 2053 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35717 2239 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35717 2239 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33958 2213 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33958 2213 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32725 2106 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32725 2106 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29426 2044 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29023 1974 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27195 2049 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24784 2107 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24784 2107 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22205 1953 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20482 2020 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19620 1941 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17834 1820 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16139 1782 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16139 1782 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15377 1986 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9128 1750 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9128 1750 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

マルチタスクに強いCPUの選び方

ゲーム実況で優れたパフォーマンスを引き出すためには、マルチタスクをスムーズにこなすCPUが中核となります。

ストリーミング中、同時に複数のソフトウェアを使用することは日常茶飯事であり、この重負担を乗り越えるにはコア数とスレッド数の多いプロセッサが適しています。

高いクロック速度も必要ですが、ゲーム実況では特に複数のアプリケーションを平行して効率的に動かすことができるCPU、つまり多コアで高いスレッド数を持つモデルが推奨されます。

実際に、ゲームをプレイ中に同時にエンコード作業を行い、さらにチャット応答やその他のタスクを処理するためには、コア数が多いほど有利です。

インテルやAMDなどのメーカーから提供される最新のCPUは、8コア以上のモデルも一般的になりつつあり、これらはストリーマーにとって理想的な選択肢です。

また、仮想コアを含むスレッド数も多ければ多いほど、マルチタスクの処理能力は向上します。

さらに、ゲーム実況における快適なマルチタスク体験を実現するためには、単にコア数が多いだけでなく、効率の良いキャッシュシステムと優れたメモリ管理機能を併せ持ったCPUを選ぶことが重要です。

これにより、データの送受信や一時保存が迅速に行われ、スムーズなゲームプレイと実況が可能となります。

以上の点から、マルチタスクに強いCPUを選ぶ際には、コア数やスレッド数の多さのみならず、その他の機能性についても考慮した上で、各自の実況スタイルに最適なものを選定することが不可欠です。

適切なプロセッサの選択を通じて、快適さとクオリティの高いゲーム実況を実現できることでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

ゲームも仕事も力強くこなすミドルクラスの効率ゲーミングPC
バランスに優れ、16GBメモリと1TB NVMe SSDでサクサク快速マシン!
RGBが輝くクリアパネル、スタイリッシュなサイズ感が魅力のモデル
Core i7 14700F搭載、パワフルな処理速度で無限の可能性を

【ZEFT Z47AMF スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

用途の多様性を誇る、真のユニバーサルミドルグレードモデル
均整の取れたスペック、妥協なきパフォーマンスを実現するマシン
目を引くデザイン、Fractalの抜群の存在感を放つエアフローケースゲーミングPC
最新の効率を追求、Core i5が提供するスムーズな計算処理パワーPC

【ZEFT Z47TW スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

高性能なゲーミングPC、プロシューマーが欲しがるモダンバランスモデル
スペックの黄金比、ゲームもクリエイティブもこなすパワーバランス
透明パネルが映えるスタイリッシュデザイン、見た目もパフォーマンスも洗練されたPC
Core i9 14900搭載、ハイエンドCPUでこその速さと応答性

【ZEFT Z47DD スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

ハイエンドゲーマーへ捧ぐマシン。ソフィスティケートスタンダードグレードの実力を体感せよ
快速プロセッサとRTXの融合で極めた、ゲームにもクリエイティブにも対応するスペックの絶妙バランス
クリアビューパネルが放つ、鮮烈な光彩。Corsairのエアフロー設計でパフォーマンスとロマンスを両立
心臓部はCore i7 14700KF。処理能力の高さが、あらゆるタスクを次元上昇へ導く

【ZEFT Z45DAY スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

ゲーム実況パソコンのグラフィックカード

ゲーム実況パソコンのグラフィックカード

最新GPUの性能と価格

ゲーム実況パソコンの中心となるのが、グラフィックの精細さを決めるグラフィックカードです。

最新のGPUはゲームの描画を担い、リアリティのある映像を生成することが可能です。

高性能なGPUを搭載することにより、高解像度でのゲーム実況や、複雑なエフェクトが多用される最新タイトルもスムーズに配信することが望まれます。

市場には様々なGPUが存在しており、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズが有名です。

これらの最新GPUは、リアルタイムレイトレーシングやAIによる画像補正機能を搭載しており、ビジュアルの質を大幅に向上させています。

しかしながら、これらの高性能グラフィックカードは価格もそれなりに設定されており、予算とのバランスを考えた選択が重要となります。

例えば、NVIDIAの最新GPUは機能が豊富である一方で価格は高めに設定されており、ゲーム実況での高いパフォーマンスを求める方には最適な選択となります。

一方、AMDのGPUはコストパフォーマンスに優れており、予算を抑えつつも十分な性能を提供するため、スタートアップの実況者には適しているでしょう。

投資する価値を見極めるためにも、現在のゲーム実況シーンで求められるスペックや、配信するゲームの種類、更には視聴者へ提供したい映像のクオリティをしっかりと考慮することが不可欠です。

どのGPUを選ぶにせよ、視聴者に最高の体験を提供するためには、最新の技術動向を追い続ける努力が求められます。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36361 74241 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30237 73535 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29279 68438 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26300 67616 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23849 55732 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20026 50558 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19333 51207 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18059 45954 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17075 42513 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13528 34663 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13527 35114 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13410 34480 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12527 30428 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10880 31790 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10708 28628 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10699 27544 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7373 19651 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6303 16067 130W 公式 価格

ストリーマー必見! GPUの負荷管理

ゲーム実況を輝かせるためには、グラフィックカードの選択が極めて重要です。

なかでも、ストリーミング中のGPUの負荷管理は、快適なパフォーマンスを提供する上で鍵となります。

現代のゲーム実況では、単に高品質のゲームプレイを視聴者に届けることだけではなく、軽快でスムーズな映像を配信することが求められます。

その為には、グラフィックスの設定を適切に調整し、ゲームプレイと配信の両方において最適なパフォーマンスを引き出すことが不可欠です。

グラフィックカードはゲームの画質を大幅に左右するため、配信においても高画質であればあるほど視聴者の満足度が増します。

しかしグラフィック設定を最大にすればするほどGPUには大きな負荷がかかります。

そのため、高解像度のゲーム配信を行う場合は特に、グラフィックカードのスペックに合わせた負荷の分散が重要となります。

例えば、NVIDIAのShadowPlayやAMDのReLiveなどの機能を活用することで、ゲームプレイ中の負荷を軽減しつつ、高品質のストリームが可能です。

重要なのは、ゲームの設定とストリームのバランスを取ることです。

画質を落とすことなく、同時に配信も行うには、グラフィックカードが必要とするパワーと、実際に配信に用いるリソースを巧みに分配するノウハウが求められます。

負荷の高い瞬間においても滑らかなストリーミング体験を維持するには、配信ソフトウェアでの適切なビットレートの設定が不可欠です。

これにより、限られた帯域幅を最大限に活用し、視聴者に最高の視聴体験を提供することができます。

まとめると、ストリーマーが目指すべきは、グラフィックカードを駆使しながら、ゲームプレイのクオリティと配信のパフォーマンスの両立です。

それにより、視聴者の目を惹きつける鮮明で流麗なゲーム実況を実現することが可能となります。

高速メモリーは実況品質を決める

高速メモリーは実況品質を決める

メモリーサイズと速度のバランス

ゲーム実況では、滑らかなプレイ映像と迅速な情報処理が求められるため、適切なメモリーの選択が鍵となります。

メモリーサイズが大きければ、多くのアプリケーションを同時に動かしながらでも、PCの動作が重くなることなく、実況に専念できます。

しかし、サイズだけではなく、アクセス速度も同様に重要です。

速度が速いとデータの読み書きが迅速に行われるため、ゲームが要求する情報を瞬時に処理することができ、エンコードやストリーミングもスムーズに行えるのです。

例えば、DDR4のメモリーが主流の中、高周波数である3200MHz以上の製品を選ぶと、より快適な実況環境を確保できます。

また、ゲーム実況では、16GB以上のメモリを搭載することが望まれる傾向にありますが、特にメモリーの消費が激しい最新ゲームや、複数のソフトウェアを同時に使用する場合は、32GBが理想的と言えるでしょう。

重要なのは、メモリーサイズと速度を用途に合わせて最適化することです。

メモリーサイズが十分であれば、余裕を持ったマルチタスクが可能となりますが、速度が遅いとせっかくの大容量が活かされにくくなります。

同様に、速度が速くてもサイズが小さすぎると、快適性に欠ける場合があるため、バランスが重要です。

ゲーム実況を専門に行う方は、これらのバランスを熟慮し、自分の実況スタイルにフィットしたメモリを選ぶことが、品質の高いコンテンツ創出に繋がるのです。

ゆえに、ハイスペック実況パソコン構築の際は、メモリーサイズと速度の適切な組み合わせへの投資が、最上の実況体験を実現する上で決定的な要素となります。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

ゲームも仕事も力強くこなすミドルクラスの効率ゲーミングPC
バランスに優れ、16GBメモリと1TB NVMe SSDでサクサク快速マシン!
RGBが輝くクリアパネル、スタイリッシュなサイズ感が魅力のモデル
Core i7 14700F搭載、パワフルな処理速度で無限の可能性を

【ZEFT Z47AMF スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

用途の多様性を誇る、真のユニバーサルミドルグレードモデル
均整の取れたスペック、妥協なきパフォーマンスを実現するマシン
目を引くデザイン、Fractalの抜群の存在感を放つエアフローケースゲーミングPC
最新の効率を追求、Core i5が提供するスムーズな計算処理パワーPC

【ZEFT Z47TW スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

高性能なゲーミングPC、プロシューマーが欲しがるモダンバランスモデル
スペックの黄金比、ゲームもクリエイティブもこなすパワーバランス
透明パネルが映えるスタイリッシュデザイン、見た目もパフォーマンスも洗練されたPC
Core i9 14900搭載、ハイエンドCPUでこその速さと応答性

【ZEFT Z47DD スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

ハイエンドゲーマーへ捧ぐマシン。ソフィスティケートスタンダードグレードの実力を体感せよ
快速プロセッサとRTXの融合で極めた、ゲームにもクリエイティブにも対応するスペックの絶妙バランス
クリアビューパネルが放つ、鮮烈な光彩。Corsairのエアフロー設計でパフォーマンスとロマンスを両立
心臓部はCore i7 14700KF。処理能力の高さが、あらゆるタスクを次元上昇へ導く

【ZEFT Z45DAY スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

オーバークロック対応メモリーの選び方

オーバークロック対応のメモリーを選ぶ際には、まずメモリーの種類を確認し、システムとの互換性を確保することが重要です。

高速なメモリーはゲーム実況において滑らかな映像処理を行い、視聴者に快適な視聴体験を提供するための鍵を握っています。

ここでは、DDR4や最新のDDR5など、メモリーの規格に見合ったマザーボードを選び、それらが最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整えることがポイントとなります。

メモリーのクロック速度は、ゲームのロード時間を短縮し、実況中の反応速度を向上させるため、特に重要です。

高い帯域幅を持つメモリーは、システムの応答性を高め、ストリーミングソフトウェアとゲームの両方が要求するリソースを同時に処理する能力を高めます。

ここで、メモリーキットで定められたスペック以上にクロック速度を引き上げるオーバークロックを行うには、耐熱性と安定性に優れたメモリーを選ぶことが肝要です。

また、オーバークロック時のシステム安定性を保つためには、メモリーのタイミングやレイテンシーを適切に設定することが不可欠です。

必要に応じてヒートスプレッダーやアクティブクーリング機能を有するメモリーを選び、熱によるパフォーマンスの低下や不安定な動作を避けるようにしましょう。

最適なメモリーを選定し、オーバークロックに必要な調整を施すことで、ゲーム実況時のパフォーマンスは大幅に向上します。

専用のソフトウェアやBIOSを通じて、自らのPCに最適化されたオーバークロック設定を探求することで、ゲーム実況の品質を次のレベルへと引き上げることが可能です。

ストレージ選びで実況の快適性が変わる

ストレージ選びで実況の快適性が変わる

SSDとHDDのメリットとデメリット

ゲーム実況における快適な体験を左右する重要なファクターとして、ストレージの選択が挙げられます。

ここでは、SSDとHDDそれぞれの特徴を把握して、ゲーム実況用パソコン構築において最適な選択をするための知識をお伝えします。

まず、SSD(Solid State Drive)は、その高速な読み書き速度で、ゲーム実況時のロード時間の短縮や応答性の向上に大いに役立ちます。

特にゲーム実況では、ストリーミングの滑らかさが視聴者の満足度に直結しますから、迅速なデータアクセスは必須の条件です。

また、SSDは磁気ディスクを使用しないため、振動や衝撃に強く、耐久性に優れているのも大きな利点です。

一方で、HDD(Hard Disk Drive)は、その大容量かつコストパフォーマンスの良さが魅力です。

実況動画の保存や編集では膨大なデータ容量を必要とすることが多く、長期にわたるコンテンツ制作にはHDDの利用が適しています。

しかし、SSDに比べると読み書き速度は遅れを取りがちで、ゲームプレイ中の読み込みがボトルネックになる可能性もあります。

したがって、ゲーム実況のパソコンでは、OSやソフトウェア、ゲームのインストールにSSDを利用することで高速なパフォーマンスを確保し、録画された動画などの大容量データ保存用にHDDを併用するのが理想的な戦略です。

この両方を使い分けることで実況の快適性と効率性が向上し、パソコンのパフォーマンスを最大限に発揮できるようになります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ゲーム実況に適したストレージ容量

ゲーム実況においてサクサクとした操作感と快適な録画環境を確保するためにはストレージの選択が重要になります。

特にストレージ容量が片手落ちになっては、長時間のゲームプレイや高解像度の映像をスムーズに記録することが難しくなります。

理想的には、ゲームのインストールと実行に使うシステム用のドライブと、別に録画データを保存する専用のドライブを備えることが望ましいです。

ゲーム実況に適したストレージ容量としては、少なくとも500GB以上のSSDをシステムドライブとして選びましょう。

これはOS、ゲーム本体、必要なアプリケーションをスピーディに動作させるための最低ラインです。

また、実況中に記録されるデータは膨大になるため、録画用のストレージには2TB以上の大容量HDD、もしくは高速データ転送が可能なSSDを用意すると安心です。

SSDの場合は高額ですが、映像データの書き込み・読み込み速度が速く、実況の反応速度を大きく向上させることができます。

重要なのは、システム用と録画用のストレージを明確に分けることで、ゲームプレイとデータ管理の効率を高め、ストレージのパフォーマンスを最大限に活かすことです。

快適にゲーム実況を行うには十分な容量と速度のストレージ選びが不可欠なので、この点を疎かにせずしっかりと適切なストレージ設定を行うことをおすすめします。

高品質なゲーム実況を支えるマザーボード

高品質なゲーム実況を支えるマザーボード

PCIeスロットとは

PCIeスロットの重要性を理解することは、ゲーム実況で求められる高品質なパフォーマンスを実現する上で欠かせない要素です。

このスロットは、マザーボード上でグラフィックカードやサウンドカードなどの拡張カードを接続するためのもので、高速なデータ転送を可能にするPCI Express規格が用いられています。

ゲーム実況では、鮮明な映像と滑らかな動作が視聴者の満足度を左右するため、高速なデータ処理が求められます。

したがって、十分な数のPCIeスロットを備え、それが最新規格であるかどうかを確認することは、迫力あるゲーム画面を生み出し、伝わる鮮烈な実況をするために不可欠です。

さらに、PCIeスロットは複数のレーンから構成されており、これらのレーンが多いほど多くのデータを一度にやり取りできます。

ゲーム実況パソコンを構築する際には、高解像度のゲームやVRゲームをスムーズに実況するためにも、レーン数の多いPCIeスロットを選ぶことが重要です。

ゲームのロード時間を削減し、ストリーミング中のデータ転送の遅延を最小限に抑えつつ、視聴者に快適な視聴体験を提供するためには、最適なPCIeスロットを選択する眼識が問われます。

ゲーム実況者としての信頼を築き、ファンを惹きつけるためには、技術だけでなく機材選びにも妥協は許されません。

それゆえに、PCIeスロットの機能とそのスペックを理解し、自身のニーズに合わせたマザーボード選びをすることが成功への鍵となるのです。

マザーボード選びで重要なポイント

ゲーム実況で最高のパフォーマンスを発揮するためには、マザーボード選びが決定的な役割を果たします。

信頼性の高いマザーボードは、長時間にわたるゲームセッション中も安定した動作を約束し、プロの実況者が求めるパフォーマンスを提供します。

選択する際には、まず対応しているCPUソケットが現在および将来のプロセッサと互換性があることを確かめることが重要です。

ゲーム実況では多くの場合、高性能なCPUを使用するため、最新またはひとつ前の世代のチップセットを搭載したマザーボードがおすすめです。

さらに、拡張性も大きなポイントになります。

十分な数のPCIeスロットやRAMスロットを備えていることで、グラフィックスカードやメモリのアップグレードが容易になり、将来のニーズにも柔軟に対応できます。

また、高速なストレージ接続のために、NVMe M.2インターフェースを複数持つことで、ゲームのロード時間を大幅に短縮し、快適な実況体験を提供します。

音質についても見逃せません。

視聴者にクリアなオーディオをお届けするためには、高品質なオンボードオーディオコーデックを有していることが望ましいです。

このほかにも、充実したIOポート、堅牢なVRM設計などもゲーム実況者にとっては価値のある特徴です。

これらを踏まえて、専門家推奨の品質の高いマザーボードに投資することで、実況活動において目立つ成果を得ることが確実となるでしょう。

高品質なゲーム実況を生み出すためのマザーボード選びは、単なるハードウェア選定以上の意味を持ち、プロの実況者にとっての威信ともいえます。

電源ユニットの選び方

電源ユニットの選び方

電力効率とPCパーツ保護

ゲーム実況におけるパソコン構築では、電源ユニット(PSU)の選択が熱量やパフォーマンス、そして最終的な信頼性に直結します。

特に電力効率とPCパーツの保護は重要なポイントで、高効率のPSUは安定した電力を供給し、余分なエネルギー失敗を抑えます。

80 PLUS認証を受けたユニットは、効率が80%以上であることを示し、金(Gold)、プラチナ(Platinum)、チタニウム(Titanium)の各認証レベルが存在し、上位レベルほど効率が高くなる傾向にあります。

また、電力効率が高いPSUは発熱が少なく、冷却にも有利です。

ゲーム実況では長時間の運用が前提となるため、安定した温度維持はPCパーツの寿命を延ばす上で不可欠です。

電圧変動を最小限に抑えることで、デリケートな部品を保護することができ、万が一のショートやサージから大事な機器を守ることにもつながります。

電源ユニットの選定に際しては、実際のシステム消費電力を考慮することも覚えておくべきです。

消費電力のピーク時においても余裕を持たせた容量のPSUを選ぶことで、電力を安定供給できるだけでなく、将来的なアップグレードへの対応もスムーズになります。

ゲーム実況に適したパソコンには、ただ高性能なだけでなく、高い電力効率と堅固な保護機能を備えた電源ユニットが求められるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

ゲームも仕事も力強くこなすミドルクラスの効率ゲーミングPC
バランスに優れ、16GBメモリと1TB NVMe SSDでサクサク快速マシン!
RGBが輝くクリアパネル、スタイリッシュなサイズ感が魅力のモデル
Core i7 14700F搭載、パワフルな処理速度で無限の可能性を

【ZEFT Z47AMF スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

用途の多様性を誇る、真のユニバーサルミドルグレードモデル
均整の取れたスペック、妥協なきパフォーマンスを実現するマシン
目を引くデザイン、Fractalの抜群の存在感を放つエアフローケースゲーミングPC
最新の効率を追求、Core i5が提供するスムーズな計算処理パワーPC

【ZEFT Z47TW スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47TW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

高性能なゲーミングPC、プロシューマーが欲しがるモダンバランスモデル
スペックの黄金比、ゲームもクリエイティブもこなすパワーバランス
透明パネルが映えるスタイリッシュデザイン、見た目もパフォーマンスも洗練されたPC
Core i9 14900搭載、ハイエンドCPUでこその速さと応答性

【ZEFT Z47DD スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

ハイエンドゲーマーへ捧ぐマシン。ソフィスティケートスタンダードグレードの実力を体感せよ
快速プロセッサとRTXの融合で極めた、ゲームにもクリエイティブにも対応するスペックの絶妙バランス
クリアビューパネルが放つ、鮮烈な光彩。Corsairのエアフロー設計でパフォーマンスとロマンスを両立
心臓部はCore i7 14700KF。処理能力の高さが、あらゆるタスクを次元上昇へ導く

【ZEFT Z45DAY スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

推奨される電源容量の目安

電源ユニットはゲーム実況パソコンの心臓部とも言える部品で、安定したパフォーマンスを支えるためには適切な容量選びが不可欠です。

ゲーミングPCに要求される電力は、使用するコンポーネントによって大きく異なりますが、推奨される電源容量の目安については、一つの基本的な原則があります。

それはシステム全体が必要とする電力の合計に対して、20~30%の余裕を持たせることです。

例えば、高性能なグラフィックカードとプロセッサを搭載したゲーム実況向けPCでは、総消費電力が500ワットに上ることも珍しくありません。

そこで、余裕を加味して600ワットから700ワット程度の電源ユニットを選ぶと良いでしょう。

この余裕はパソコンの負荷が特に高くなるゲーム実況や、長時間のストリーミング中にも安定した電力供給を保証し、また将来的なアップグレードや拡張にも柔軟に対応できるようにするためのものです。

加えて、電源ユニットには80 PLUSというエネルギー効率の認定があり、Bronze、Silver、Gold、Platinum、Titaniumといったレベルに分かれています。

ゲーム実況を快適に行いたいならば、少なくとも80 PLUS Gold認証以上の製品を選ぶのが望ましいでしょう。

これによって、高効率と安定性を確保し、意外なトラブルから大切なゲーム実況の環境を守ることができます。

電源ユニットは見落とされがちな部分かもしれませんが、最適な選択をすることはゲーム実況パソコンを長期にわたって快適に使用するためには非常に重要です。

上記の目安を参考に、ぜひ自身のPC構成に合わせた最適な電源ユニットを選んでください。


冷却システムとパフォーマンス維持

冷却システムとパフォーマンス維持

空冷と水冷の違い

ゲーム実況パソコンの心臓部とも言えるCPUは、強力な性能を発揮するほどに熱を生みますが、その熱をうまく制御しないとパフォーマンスの低下やシステムの不安定さにつながります。

ここで重要なのが、適切な冷却システムの選択です。

空冷と水冷は、その二大巨頭として知られ、それぞれ異なるメカニズムでPCの熱を管理します。

空冷は名前の通り、冷却ファンとヒートシンクを活用して熱気を外に逃がし、比較的シンプルでメンテナンスも容易です。

一方、水冷システムは水を循環させることで高い熱を効率よく吸収し、CPUを冷やします。

この方法は熱伝導が優れているため、究極の冷却性能を追求するゲーム実況者に好まれる傾向にあり、さらに低騒音が特長です。

どちらを選択するかによって、ゲーム実況のハイスペックパソコンが長時間にわたって最高のパフォーマンスを維持し続けるかが大きく左右されます。

ゲーム実況では長時間のストリーミングや高負荷なゲームをこなす必要があるため、冷却システムは極めて重要な要素と言えるでしょう。

そう、ゲーム実況者にとっての冷却システムは、ただの部品ではなく、クリエイティブな表現を可能にするための基盤なのです。

最適な冷却環境の構築

最適な冷却環境の構築は、ゲーム実況パソコンにとって致命的な過熱を防ぎ、スムーズな動作を保つための鍵となります。

高い処理能力を求められるゲーム実況では、パソコンの温度管理がパフォーマンスの安定性に直結するからです。

そのため、強力で質の高い冷却システムを選ぶことが、長時間のストリーミングでも高いフレームレートを維持する上で重要です。

エアフローを考慮したケース選びをはじめ、効率良く熱を外部に逃がすためのファン配置は、冷却効果を高める上で見逃せないポイントです。

また、時間の経過とともに内部のホコリが冷却能力を低下させるため、定期的なメンテナンスは不可欠です。

カスタム水冷システムの導入は、エアクーリングよりも優れた冷却効果が期待でき、特に高負荷を要するゲーム実況においてその真価を発揮します。

さらに、サーマルインターフェースの材質や適用方法も熱伝導の効率に大きく影響します。

CPUやGPUに適切なサーマルグリースを塗布することで、熱が適切に放熱部品へと移動し、冷却性能を向上させることができます。

これらの冷却戦略を適切に組み合わせることで、ハードウェアの性能を最大限に引き出し、長時間に及ぶゲーム実況も快適に行えるパソコン環境を構築できるのです。

最高のゲーム実況体験は、細部にわたる冷却システムへのこだわりから生まれるといっても過言ではありません。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

配信環境構築の最新トレンド

配信環境構築の最新トレンド

ストリーミングに最適なセットアップ

ストリーミングに最適なセットアップを選ぶ際には、卓越したパフォーマンスを提供する構成が重要です。

まず、中心となるプロセッサは、複数のゲームと配信ソフトウェアを同時にスムーズに走らせるための多核心CPUが推奨されます。

例えば、IntelのCore i9シリーズやAMDのRyzen 9シリーズなどが、そのクラスに該当します。

次に、グラフィックスカードですが、現代のゲーム実況では、高画質での配信が求められ、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズのような高性能なグラフィックスカードが必要不可欠です。

これらはリアルタイムレンダリングを可能にし、視聴者に優れた視覚体験を提供します。

また、十分なメモリ容量がストリーミング作業の快適さを左右します。

最低16GB以上のRAMを備えることで、多様なソフトウェアや作業間の切り替えも滞りなく行えるようになります。

そして、SSDをシステムドライブに選定することで、ゲームやソフトウェアのロード時間を格段に短縮し、作業効率を高めることができます。

さらに、ゲーム実況では遅延のないストリーミングが求められるため、高速インターネット接続とそれを支える信頼性の高いネットワークインフラも欠かせません。

有線LAN接続はその安定性から推奨され、可能な限り高速なプランを選ぶことが望ましいです。

最後に、優れたクオリティのビデオキャプチャデバイスとマイクを選ぶことで、配信される映像と音声の質を格段に上げることができます。

これらの要素を総合的に考慮した上で、ストリーミングに最適なセットアップの構築は、ゲーム実況者にとって成功の鍵を握るのです。

実況配信のツールと組み合わせ

実況配信のツールと組み合わせるというテーマは、多くのゲーム実況者にとって重要なポイントです。

成功への道は、ツール選びとその使い方に秘められております。

例えば、高品質なビデオストリーミングを実現するためには、Open Broadcaster Software(OBS)やXSplitなどの配信ソフトが必要不可欠であり、それらを最大限に活用するには強力なグラフィックカードと処理速度が重要になります。

また、ライブ配信中のコミュニケーションを滑らかにするには、DiscordやSkypeといったコミュニケーションアプリとの親和性も重要です。

ここで重要なのは、遅延が少なく、クリアな音質を提供するマイクやオーディオインターフェースの選択です。

これらの機器がシームレスに連携することで、視聴者はまるで隣でゲームを楽しんでいるかのような体験を得られるでしょう。

さらに実況者自身のパフォーマンスを向上させるためには、カスタマイズ可能なストリーミングデッキが役立ちます。

キーボードのショートカットを超えたレベルで、シーンの切り替えやサウンドのミキシング、チャットへの反応を即座に行うことが可能になるのです。

ゲーム実況の世界は、技術の進歩と共に常に進化しています。

配信者は常に最新のトレンドを把握し、それに合ったツールを選び、自らの配信環境に適用することで、視聴者にとって魅力的なコンテンツを提供し続けることができます。

そして、これらの要素が高性能のパソコンに結集することで、ゲーム実況というエンターテインメントの可能性はさらに広がるのです。

あわせて読みたい

仕事からゲームまで! おすすめデスクトップPC完全ガイド

おすすめのPCありますか?

BTOパソコン カスタマイズでフルに活かすハイエンド選び

ゲーミングPCおすすめブログ

配信マスター必携! 最高のパフォーマンスを誇るゲーミングPCおすすめ

初心者でも分かるBTOパソコン入門

仕事を変えるおすすめ「AI PC」 エキスパートによる選び方

BTOパソコンX

静音PCの選び方 プロが教えるおすすめの環境

パソコンのTierを知ろう

ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像クリエイターが求めるパソコン 編集作業をスムーズに

デスクトップPCガイド

画像編集用PCの魅力 プロが教える効率的なおすすめハード選び

ゲーミングPCおすすめブログ

ノイズを排除 おすすめ静音PCで理想の作業環境を

BTOパソコンをおすすめする理由

フルカスタマイズ可能! プロがおすすめするBTOパソコンの選び方

パソコンのTierを知ろう

RTX4080 SUPERで勝ち抜く! eスポーツ御用達ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

音楽制作PCの要 これがあればDAWが極限まで使える!

おすすめのPCありますか?

プロの映像クリエイターがおすすめする、パソコン購入完全ガイド

デスクトップPCガイド

画像生成AIを活かす! プロおすすめのPCスペック徹底解説

初心者でも分かるBTOパソコン入門

ゲーム用パソコンの進化! 選び方とトレンド分析

BTOパソコンX

クリエイティブワークに最適! AIイラスト向けおすすめPCリスト

ゲーミングPCおすすめブログ

ゲーム実況完全攻略! 性能別おすすめPCベストセレクション

パソコンのTierを知ろう

ライブ配信初心者向け! おすすめエントリーレベルPC

初心者でも分かるBTOパソコン入門

映像クリエイター冥利に尽きるパソコンの選び方とは?

おすすめのPCありますか?

おすすめのCore i7PCで実現する究極のゲーム体験

デスクトップPCガイド

エスポーツ勝者の選択! トップおすすめBTOゲーミングPC

BTOパソコンX

プログラミング用パソコン革命 プログラマーに贈るおすすめガジェット

BTOパソコンをおすすめする理由

おすすめPCが支えるプロダクションレベルのライブ配信

パソコンのTierを知ろう

プロストリーマーの選び方! ゲーミングPC配信のおすすめ

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

おすすめスペックで差をつける! DTM専用の音楽制作PC

BTOパソコンX

注目の配信マシン! 今買うべきおすすめライブ配信PC

ゲーミングPCおすすめブログ

選ばれし者の選択 RTX4080 SUPERおすすめゲーミングPCの極意

パソコンのTierを知ろう

ライブ配信を支えるコアパーツ! おすすめPC構成紹介

デスクトップPCガイド

おすすめBTOゲーミングPC特選 2024年最強スペック徹底分析

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

ゲーム用パソコンのカスタマイズポイント 性能を最大限に引き出す!

初心者でも分かるBTOパソコン入門

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次